ZAM(ザム)鋼板というめっきの種類が品名の材料と溶接した場合

11.14

IMG_1800

今回は、ほぼ錆びないと言われる画期的な鉄板
「ZAM」と呼ばれてる材料について紹介します。

 

「ZAM(ザム)」というのは、日新製鋼が開発した、
亜鉛・アルミニウムが6%、マグネシウムが3%めっき層を持つ
新しい溶融めっき鋼板なのです。

 

亜鉛の「Z」
アルミニウムの「A」
マグネシウムの「M」

 

それぞれのイニシャルを取って、
「ZAM」と名付けられています。

 

特徴は、
耐食性が溶融亜鉛めっき鋼板に比べて10〜20倍優れていて、
尚かつ、めっき層も柔らかいので加工性にも優れていますね。

 

ただ、溶接ははじくので、そのままでは溶接できません。
一度、皮膜を削らないといけない手間があります。

 

皮膜を削るということは、溶接した後は地鉄が剥き出しになるので、
もちろん耐食性は落ちますね。

 

切断面は、めっき層から溶け出したアルミニウム・マグネシウムを含む
微細な亜鉛系保護皮膜が覆うので、優れた耐食性を発揮しています。

 

溶融亜鉛めっきやユニクロめっきの代わりになるので、
めっき屋泣かせの材料と言えますね。

 

ZAMが発売されてからというもの、
材料をZAMに移行するのが増えてきました。
それに伴い、弊社もZAMの在庫を各サイズ置くようになりました。

 

めっきを施さないといけない製品にはもってこいの材料ではないでしょうか?
お問い合わせお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご注文依頼はこちらから

ts004

制作実例はこちらから

ページ上部へ戻る