コールテン鋼(耐候性鋼)の錆びを活かした塀

04.12

DSCN0093_JPG

こんにちは丸山です。

今回は、

コールテン鋼(耐候性鋼)による製品のご依頼がありました。

「塀」の材料になるようです。

DSCN0005_JPG

コールテン鋼 4.5mmを使用。

このコールテン鋼は普通の鉄と同じように錆びるのですが、

この錆が比較的緻密なため、内部まで腐蝕されないような特性を持つ鋼材なのです。

(錆びさせてさらなる錆を防ぐと言った感じで、錆の色も茶褐色でそれなりに美しいです!)

RSCN0013_JPG

先ずは、シャーリングにて切断加工。

DSCN0008_JPG

切断後の材料。

DSCN0035_JPGDSCN0032_JPG

次にこの切断加工したものをレーザーにより穴開け加工。

(この時点で一部は製品となります)

DSCN0027_JPGDSCN0053

次に、アールを付けていきます。

(二種類のアールに加工)

IMG_6132_JPGDSCN0043_JPG

弊社の製品としてはこれで完成!

写真はお客様へ納品後に撮影したものですが、雨が降っているのに外…

当然錆びてしまいます。

IMG_6041_JPG

後日お客様に納品した製品がどの様になっているのか見に行くと、

お洒落な塀になっていました!

そしてここからがコールテン鋼という鋼材の面白いところ!

DSCN0104_JPGDSCN0103_JPG

雨風に吹かれ、日に日に錆が進んでいくのですが…

DSCN0100_JPGDSCN0094_JPGDSCN0093_JPG

その錆が落ち着いて、
美しい茶褐色のお洒落な感じになりました!

塗装では表現できない感じで、
またコールテン鋼板で何か作りたくなりましたね(笑)

 

 

「こんなの作って欲しい」

「こんなの作れますか?」などなど、

何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご注文依頼はこちらから

ts004

制作実例はこちらから

ページ上部へ戻る