ペンタイト鋼板とは?ボンデ鋼板との違いについて

11.13

前回ご紹介したボンデ鋼板と、
見た目がよく見ないと分からないぐらいそっくりな
「ペンタイト」という鋼板について紹介します。

 

「ペンタイト」というのも実はメーカーの商品名であって、
正確には、溶融亜鉛めっき鋼板なのです。記号はSGCCです。

 

ボンデ鋼板は電気亜鉛めっきでペンタイト鋼板は溶融亜鉛めっきと、
めっきの方法が異なり、ボンデ鋼板よりもめっきの層が厚いので、
なかなか錆が生じなくて耐食・耐久性が優れています。

 

有名建築メーカーの仕事では、
この材料を使用するのが多いですよ!

 

おそらく、塗装をする前の処理や防錆処理が省けるので、
環境問題にも良いからだと思います。

 

ボンデ鋼板ほどではありませんが、
こちらも各サイズ用意してます。
何かありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご注文依頼はこちらから

ts004

制作実例はこちらから

ページ上部へ戻る