イラストをレーザー加工してステンレスプレート製作

12.22

IMG_1948

表面の研磨の仕方で色々な表情を見せるステンレス。
素材感も高級な感じで、お洒落ですよね。

 

そこで今回は、
いただいたイラストデータをもとに、
簡単な卓上ステンレスプレートを作ってみました。
部屋にデスクに、ちょっとしたお洒落アイテムです。

 

その製作過程を紹介します!

 

CAD/CAMデータを作成。
IMG_1957

もらったイラストレーターのデータをもとに、
CADMACで作業。
アウトラインなどの修正をします。

 

レーザー加工します。
IMG_1921

機械にCAMデータを読み込みます。

 

そして加工スタート
IMG_1919

IMG_1916

ジョイントを付けているので外れる事なく、
一気に複数枚を加工します。

 

加工終了後に取り出したのがこれ。
IMG_1930

文字の中を取ります。
イラストがはっきりしていい感じ。

 

そして、素手で触ってバリをチェック!
バリがあったら綺麗に取り除き(特にジョイントしてた部分が危ない)
傷が無いかもチェック!

 

傷が無い事を確認したら、余分な皮脂等を取り除き、
養生テープを貼ります。
IMG_1932

ちょっとシワが入ってしまいましたね・・・
表面を保護するためだけなので、
良しとしましょう(笑)

 

曲げ加工します。

IMG_1940

IMG_1942

IMG_1943

今回の曲げ角度は75度なので、2回の行程で加工します。
90度に曲げるのが1工程目。
2工程目に、上型を特殊な金型に交換して75度に。

 

完成したのがこれです。
IMG_1944

卓上カレンダーみたいな感じにしてみました。

 

テープを剥いだらこんな感じ。
IMG_1948

デスクの片隅や部屋のアクセントにいい感じ。

 

けん玉ロゴの中身も何かに使えそうなので、
綺麗に保存してみました。
IMG_1935

IMG_1952

ステンシルテンプレートとして使えそうですね。

 

今回は、友人が作ったけん玉チームのチームロゴを使って作りましたが、
他のイラストでも作ってみたいですね。

 

「こんなのを作ってほしい」という要望がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご注文依頼はこちらから

ts004

制作実例はこちらから

ページ上部へ戻る